医療脱毛で全身脱毛をする時

ニードルは痛みが強い

その理由の一つはニードルだと痛みが強いという事です。
確かに確実に毛穴一つ一つに働き掛ける事が出来るので高い効果を期待する事が出来ますが、他の方法に比べると強い痛みを感じてしまい、その痛みによって挫折してしまう人もいる程です。
ただ白髪に対しても利用する事が出来るというう点も高く評価されているので、部分的に利用するという人もいます。
もう一つは1回に施術する事が出来る範囲が限られているという事です。
人間の肌の表面には無数の毛穴が有り、それぞれに専用のニードルを挿入するとなるとかなりの時間が必要です。
そのため、1回あたりの施術範囲も広くする事が出来ません。
そのため、現在医療脱毛として利用されているのはレーザーの方が多くなっています。
この方法はフラッシュ脱毛と同じ様に肌の表面に専用のレーザー光を照射する事によって脱毛をする方法です。
黒色に反応するので肌に対する負担は少なく、さらに光に比べると強力なので施術回数が少なくて済むというメリットがあります。
勿論腕やすね、膝等だけでなく背中、お腹、VIO等様々な部位に利用する事が出来ます。

ニードルなら白髪でも脱毛できるニードルは痛みが強い医療機関での施術が安心